トップページ イベント案内
(見学会・シンポ等)
造園遺産の
インベントリーづくり
学生デザイン
ワークショップ
支部大会 関東支部について リンク

学生デザインワークショップ
Last Update: 2017.06.12


■公益社団法人 日本造園学会 関東支部 第13回学生デザインワークショップ
【フライヤー(PDF)】
「サマースタジオ2017」学生参加およびチューター募集 
■テーマ
2017年テーマ「"ARIAKE LEGACY AREA "スポーツ文化の醸成と地域づくりを提案する」
(2015〜2019年の活動テーマ「東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、東京の都市の未来像を提案する」)

昨年は、東京湾臨海部にある海上公園を手掛かりに、東京オリンピック・パラリンピック大会時そして大会後を踏まえた公園を提案しました。
今年も引き続き、臨海部を提案フィールドとし、かつて日常生活と密接なつながりのあった東京の海について考えます。
今年は、エリアを絞り込み、より具体的なオリンピック・パラリンピックパークの提案を行います。
提案エリアとして選定した、"ARIAKE LEGACY AREA "は、東京オリンピック・パラリンピック2020に関する一連の会場見直しの結果として、2016年12月16日の小池都知事記者会見で出てきた話題です。オリンピック時には仮設会場(体操・BMX)として計画されており、オリンピック後には、住宅・商業用地として整備される予定であったエリアを、スポーツ・イベントのエリアにするというものです。
オリンピック・パラリンピック本番まで、3年。今回のワークショップでは、将来の開発方針が出されているエリアに対し、社会に影響を与えるアイデアを提案しましょう。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/12/16.html
(2016年12月16日小池知事記者会見HP)

■目的
幅広い分野の知見を集め、理念を具体的な都市改善の動きにつなげる実践的な提案を行う。提案をまとめるプロセスにおいて、様々な分野(造園・建築・都市計画・土木・観光・健康・体育・社会・経済・経営・教育など)の学生が分野の枠を超えた議論を通じ、社会に対し新たな可能性を持つ提案を発信する。
学生は社会人チューター(計画・設計実務者)と共に課題に取り組む。また、期中では様々な専門家(教育、行政、計画・設計実務者など)からも指導・助言を頂く。
上記の活動により、社会課題に対し幅広い視野を持って取り組み、社会に対し説得力のある提案を行うことのできる将来を担う人材育成の一助とする。

■対象地
"ARIAKE LEGACY AREA "とその周辺

■運 営
チーム編成
 5人程度/チーム、3〜5チーム程度を編成予定。様々な専攻分野の学生メンバーによるチームワークを通じた創造的な共創の実現を目指す。
チューター制度
 ランドスケープ計画・設計実務者を中心に、学生の指導・助言を行う。チューターは各チームに2人付く予定。
 期中に様々な専門家の方にも指導・助言を頂く。

■スケジュール
・7/15(土)12:30〜18:00 #1ミーティング【会場:東京農業大学】
  話題提供 田中伸彦  関東支部長/東海大学観光学部観光学科 教授
         町田誠  関東支部副支部長/国土交通省都市局 公園緑地・景観課長

         (敬称略)
・〜7/28 ワーク1:プレサーベイ
・7/29(土)12:30〜18:00 #2ミーティング【会場:東京農業大学】
  話題提供 新名佐知子 秩父宮記念スポーツ博物館学芸員
                 /日本オリンピック・アカデミー(JOA)会員
         林瑞恵   東京都港湾局 臨海開発部 海上公園課 課長代理
                (オリンピック・パラリンピック海上公園計画担当)

         (敬称略)
・〜8/11 ワーク2:フィールドサーベイ・提案検討1
・8/12(土)12:30〜18:00 #3ミーティング【会場:東京農業大学】
・〜8/19 ワーク3:提案検討2(コアウィーク)
※具体的な提案をビルトアップする重要な期間
・8/20(日)9:30〜18:00 #4ミーティング【会場:東京農業大学予定】
・〜8/25 ワーク4:提案まとめ
・8/26(土)9:30〜18:00 #5ミーティング【会場:東京農業大学予定】
一般公開されている場所でのプレゼンテーション&表彰の予定

・11/11(土) 関東支部大会発表
・12月 関係各所に成果プレゼンテーションの予定
※ワーク1〜4は、チューターの指導の下、チームメンバーの予定を摺合せて行います。
※#5ミーティングまでに、11/11の支部大会に向けた必要資料は一通り完成させますが、例年、各チームで必要に応じて微修正の作業が発生します。
※#5ミーティング後、支部大会に向け、各チームより希望者を募って有志チームをつくり、ワークショップの成果をまとめた本の編集作業を行います。発行する冊子に編集メンバーとして名前を記します。

■学生募集方法 6/30(木)レポート締切
資格
     大学 学部生・大学院生・研究生(学校・学部・学年・居住地域は問わない)
応募条件
     #1〜5のミーティング・支部大会に出席、及びワーク1〜4の議論や検討作業に
     参加できる学生。
     (ワーク1〜4は期間中毎日拘束されるわけでなく、
     チーム内で集まる日やメンバーでの作業分担を決めます。)
応募方法=レポートを提出
     下記レポートをEメールにて、担当事務局宛に送って下さい。(形式自由)
     レポートは選抜・チーム編成の検討資料となります。
      1) 学校・学部・学年・氏名・Eメールアドレス(PC用が望ましい)
      2) 以下に対する意見レポートを添付(a:500字程度、b:200字程度)
       a. 1964年の東京オリンピックから約半世紀後の2020年に
        再び東京オリンピックが開催されます。
        この半世紀の間に日本そして世界の様相は大きく変貌しました。
        それでは、今から半世紀後はどのような社会であるべきなのか?
        現代社会に対する問題意識を踏まえ、あるべき社会の未来像
        (ビジョン)とそれを実現するアイデア(プロセス)を具体的に、
        現実に縛られずに自由に記述して下さい。
        書きにくい方は、今年のテーマ「スポーツ文化の醸成と地域づくり」
        に沿って考えても構いません。
        #1のミーティングで集まった未来像とアイデアの多様性を
        披露・共有します。
       b. 学生デザインワークショップへの参加動機
      3)各自の得意分野・興味がある分野のアピール(自由になるべく多く書く)
       ex)プレゼ資料作成スキル(手書きスケッチのスキル、CAD・
       フォトショップ・イラストレーターなどのソフトを使いこなすスキル)、
       コンセプトやストーリー、立案スキル、ワークショップでの
       ファシリテーション能力、植物、生態学、観光、スポーツ、オリンピズムなど
参加費: 3,000円/人(#1ミーティングで集めます)
       ※各回ミーティング会場までの交通費や宿泊費は支給されません。

■チューター募集方法 6/30(木)応募締切
資格
    ランドスケープ及び関連分野の計画・設計の実務に携わっている方。
    登録ランドスケープアーキテクト(RLA)有資格者が望ましい。
    実務年数3〜5年程度以上。
募集条件
    原則として、#1〜5全てのミーティングに参加してください。
    併せてワーク1〜4の間に学生の検討作業の指導をしていただきます。
    作業を行う日時の設定は、チーム毎に学生とチューターで話し合って決めて下さい。
    諸事変更に関しては、チューターと担当事務局にて調整します。
    ご協力をお願いします。
応募方法
    下記必要事項を記載の上、Eメールにて担当事務局宛にお送りください。
    氏名、所属、連絡先住所・電話・Eメールアドレス、
    出身大学・専攻(学部)、実務年数、主な実績、資格
その他
    10〜12人程度(5〜6チーム×2人)の方にお願いしたいと考えています。
    超過した場合には、調整させて頂くことがございます。
    全ての過程で学生指導を行う条件で、関東支部より委嘱状を発行します。
    これは造園CPD制度に登録する際に利用でき、教育形態430に該当します。(20単位)

■担当事務局(問合せ・申込先)
(株)竹中工務店 向山雅之(関東支部運営委員)
E-mail:ss2017.jila.kanto[atmark]gmail.com ([atmark]を@に置き換えてください)
〒136-0075 東京都江東区新砂1-1-1 TEL:080-6720-6149


  ■過去の学生デザインワークショップ
・2016年度 【開催案内
・2015年度 【開催案内
・2014年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2013年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2012年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2011年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2010年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2009年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2008年度 【開催案内】【参加募集】【チューター募集
・2007年度 【開催案内